×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

漫画の世界のCB400F(ヨンフォア)情報!

漫画の世界のCB400F(ヨンフォア)

カテゴリー :CB400F ヨンフォア

もはやホンダ乗りの定番の憧れと言えば、伝説の名車CB400Fヨンフォア)。400のドリームマシーンとして、1974年にデビューしました。

「おお400。お前は風だ。」のカタログキャッチコピーが今でもCB400F(ヨンフォア)と聞くと思い起こされます。

その人気さゆえ数々の漫画にも登場してきてますが、中でも「特攻の拓」に登場したのが記憶に新しいです。
1991年〜1997年にかけて少年マガジンに掲載されていました。
内容は暴走族の世界を描いており、主人公は浅川拓という、じめられっこの少年がひょんなことから、その暴走族の世界に入っていくストーリーです。
喧嘩シーンも数多いですが、次に暴走族それぞれのバイクも登場します。主人公が乗っているのはCB400F(ヨンフォア)ではないのですが・・・親友の鮎川真里(通称:マー坊)が乗っているバイクが真紅のCB400F(ヨンフォア)なのです。

こうしたCB400F(ヨンフォア)の漫画の世界での活躍も、CB400F(ヨンフォア)に少年達を引き付ける大きな要因となったでしょう。

コラム > 漫画の世界のCB400F(ヨンフォア)について書かれています。

タンクはCB400Fのおでこ?

カテゴリー :CB400F タンク

CB400F、中型二輪免許で乗れる唯一の4気筒オートバイとして一躍脚光を浴びました。
当時まだ日本になじみの薄かったカフェレーサースタイルを意識させる外観は、絶版となり旧車となったいまなお多くのライダーに語り続けられ、愛されています。
さて、バイクと言えばCB400Fに限らず外観の部分で一番目に入りやすいのはタンク部分ではないでしょうか。
基本的にCB400Fのタンクのカラーはレッドとブルー、同時期に出たCB400F−TとCB400F−Uだとレッドとイエローになります。
ちなみにCB400Fはサイドカバーもタンクのカラーと同色になっていました。
F−TとF−Uはタンクに関係なくブラックアウトされています。
人によって好きや嫌いがありますが、以前少年誌で連載されていた『特攻(ぶっこみ)の拓』にハマッた人なら爆音小僧のヘッド”マー坊”の真紅のイメージが強いかもしれませんね。
やはりタンクは塗装する表装部分としては一番大きい部分なので形はともかく色や塗装のひび割れなどにも気を使って欲しい部分です。
最近はアルミタンクなども多く出回っていますが鉄のタンクそのままならサビにも気をつけましょう。

コラム > タンクはCB400Fのおでこ?について書かれています。

CB400F(ヨンフォア)の魅力

カテゴリー :CB400F ヨンフォア

発売当初の408ccの排気量を持つCB400Fヨンフォア)、発売翌年に免許法改正に対応し398ccとした国内向け専用追加モデルCB400F−T(F−T)、およびそのアップハンドルモデルFOUR(F−U)、3機種のCB400F(ヨンフォア)があります。
 サイドカバーの色の違いやタンクカラー。CB400F(ヨンフォア)は赤と青、F−T・F−Uは赤と黄などにその相違はあるものの、集合マフラーとカフェレーサースタイルはまさにCB400F(ヨンフォア)の証です。
 CB400F(ヨンフォア)はやっぱりただのフルフェイスではなくカフェレーサースタイルですよね!

ちなみにCB400F(ヨンフォア)でも人気なのが赤のヨンフォア。
 クロームメッキのエンジンと集合マフラー(当時はヨシムラの黒手曲げ直管を入れるのが大流行した。)当然ホンダCB400Fは今でも中古車市場でものすごく高い・・・。
 ただ、408ccのCB400F(ヨンフォア)の方が格段に安いし、逆輸入のCB400F(ヨンフォア)が殆どで、デザインは同じの輸出専用CB550Fというものもあります。
 1997年には、その名をそのまま引き継いだ(水冷エンジンではあるが)ホンダ・CB400F(ヨンフォア)が登場するが、クロームメッキの4本出しマフラー、大柄なタンク形状と、シルエットはCB400F(ヨンフォア)ではなくCB750FOURに近いのです。

ヨンフォアの空冷インラインフォーの排気音は、30年以上経った今でも新鮮な感動を与え、道でCB400F(ヨンフォア)を見かける度に、キャッチフレーズ「おお400。お前は風だ。」と思い出すのです。

コラム > CB400F(ヨンフォア)の魅力について書かれています。